« 3/15・・・です。 | トップページ | WBC・・・です☆ »

参加してきました☆

このブログを見ている方、ど~もですm( _ _ )m

え~、タイトルの話題に入る前に・・・。

サイトの背景を変えてみました!!!(  ^o^)/

ど~ですか、ケンシロウッ!!!

ワタシが知る漫画のキャラクターで、

最強の【愛】の戦士です☆

というわけで、本題に入ります。

タイトルの通り、参加してきました。

『雀鬼会と一般の方との交流会』(in町田)

今まで、雀鬼会に触れてみたいと思ったり、考えたりした事しかなく、

友達内での麻雀などで、自分なりの雀鬼流麻雀を打つという事でしか、

行動に移せなかったワタシですが、一般の方との交流会という形で、

イベントを開催して頂いたので、

これを逃してはいけない

というわけで、参加してきたわけです!

ちなみに。。。桜井会長や雀鬼流,雀鬼会の事を知らない方は、

http://jankiryu.com/painooto/

↑の雀鬼会HPを見て頂ければ、どんなものかわかります。

既に交流会当日の様子が、『Report』にUPされています。

集合写真には、ワタシの写真も載っております・・・。

とてもわかりやすく、桜井会長の隣にいる、大口開けて笑っているのが、

ワタシです・・・。あんなに口開けてたんですねぇ・・・(T∇T)

『Report』に、安田雀鬼会選手部長

書いておられる通りの内容で行なわれたんですが、

ワタシの視点で当日の様子を書かせて頂きます。

---------------------------------------------------

ワタシが会場に着いたのは、午後1時過ぎ。

交流会開始時間が「午後2時」からという事でしたが、

会場の「牌の音」町田道場(雀鬼会の雀荘の事)の中は、

既に、人、人、人・・・の人だらけ。

ま、間に合ってねぇ~!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

と到着が遅れた事を悔やみつつ、

他の一般参加者の方の西川さんと一緒に、

スタッフの清川さん(カッコ良くて爽やかな方)に、

雀鬼流麻雀のルールとマナーなどを、

再認識、再確認するように説明を聞き入ってました。

―と、突然、道場内の空気が変わり、

「おはようございますッ!!!」

という声が道場内に響く。

開いたドアの前に立っていたのは、

桜井会長ッ!!!Σ( ̄ロ ̄)

そう、伝説の雀鬼であり、雀鬼会会長であり、

本やDVDなどでしか見た事の無い、

あの桜井会長が目の前にいらっしゃったわけですよ!

その瞬間からワタシのテンション上がりまくり・・・。

上がり過ぎて、体が震えてしまうほど・・・(T∇T)

なんとか落ち着いて、清川さんの説明を聞き、

「じゃあ、会長にご挨拶しましょう。」

という事で、挨拶に・・・。

「おはようございます。今日は宜しくお願いします。」

・・・嬉しさや緊張などなどが大爆発してしまい、

アガってしまいましたが、なんとか言えました・・・。

・・・というより、なんて言ったかもわからないくらい、

アタマが真っ白になっていましたが・・・。

始めてあった桜井会長の印象は、なんというか、

底が知れない凄みがある方

という感じでした。

まぁ、そんなこんなで会長への挨拶も済むと、

「少し打てるなら、交流会始まる前に打ちますか。」

という事で、雀鬼会の方と同卓させて頂く事に。

同卓させて頂いたのは、

吉田さん高橋さん、漫画家の谷口亜夢先生、の3名。

はじめて、自分以外で雀鬼流麻雀を打っている方との、

しかも雀鬼会道場の方との麻雀。

もうドキドキです(--;) 心臓がバックバクです・・・( ̄ロ ̄lll)

「どこから来られたんですか?」,「何歳ですか?」と声をかけて頂くと、

麻雀に集中できなくなってしまい、麻雀に集中していると、

声をかけて頂いた時に、返答出来なくなってしまう。。。

しかも、雀鬼流麻雀で、いつも打っている麻雀より、

断然早い速度で打たないといけない。

(後で、それほどの速度で無かった事を知りますが・・・)

そんな状況で、ワタシは見せ牌をしてしまったり、

鳴こうと思っていた牌を鳴き忘れたり、

リーチした後、アガリ牌をツモったのに、

間違ってきってしまった後(牌の背を卓に付けた後)に、

ツモアガリしてしまったりと・・・。

緊張で体がガチガチになり、ミスがミスを呼び、

いろいろと迷惑をかけてしまいましたが、

それでも、「大丈夫ですよ。」と優しくして頂いて、

もう嬉しいやら、悲しいやら、申し訳ないやら。。。_| ̄|○。。。

また、ワタシが打っている時に、

同卓している3名の方や打っていない選手の方に、

牌の並べ方や発声など、マナーの事を指摘して頂いたり、

村瀬道場長や見て頂いていた方にワタシの牌の切り方を、

「なかなか良いよ。」と言って頂いたり・・・。

交流会が始まってもいないのに、

既に、いろんな感情でいっぱいいっぱいになりながらも、

なんとかオーラスまで打ち切る事が出来ました・・・。

と、一段落ついている間もなく、交流会が始まり、

安田選手部長の挨拶や楽しい仕切りから、

一般参加者の自己紹介などがあって、その後、選手の方たちは、

「順位戦」と呼ばれるサバイバル戦を繰り広げる事になり、

一般参加者のワタシたちは、一般参加者の人たちだけで同卓して、

「順位戦」に参加していない選手の方に審判としてついてもらい、

一般のフリールールに、少しだけ雀鬼流麻雀を交えながら、

麻雀に慣れるという感じで、教えてもらいながら打つ事になりました。

まず、一番驚いた事は、わかっていた事ではありますが、

一般参加者の卓(全部で2卓)が1半荘(ゲーム)の半分が終わる頃、

「順位戦」が行なわれている卓(全部で6卓)が、全て終了。。。

早いです。一番初めの一番上の卓(TOP卓)は、

『1半荘:16分』という早さ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

(参考までに、普通の麻雀だと、1半荘1時間以上かかります・・・)

少しだけ、安田選手部長村瀬道場長の打っている所を、

見学する事が出来たのですが、

全ての動作が早く、カッコ良く、凄かったです。

そんな村瀬道場長が「順位戦」が行なわれている時、

ご自分が打ち終わった後、一般の卓を見に来て、

ワタシの卓を見ている時に、

「緊張しないで打とう。君はもっと打てるはずだから頑張れ。」

と言われた事が凄く嬉しかったです。

・・・その後、あまり頑張れなかったのですが。

と・・・まぁ、そんなこんなで「順位戦」が進み、最後の「順位戦」となった時、

「君も、「順位戦」に入って打ってみるか?」

という事になり、なんと雀鬼会の試合をさせて頂く事に・・・。

そこで同卓となったのは、

樋口さん木下さん、そして、またまた吉田さんの3名。

始めての雀鬼流の試合を体験する事になり、

もうこうなったら、やるだけやろう

と腹をくくり、頑張ってみる事に。

しかし、交流会前に打った時の早さより早く、

同卓の3名の方についていく事もままならない・・・。

また、マナーが守れなかったり、鳴き忘れたり、

牌を落としてしまったり、アガリ牌を切ってしまって、

ペナルティを出してしまったりと、ダメダメ状態・・・(T_T)

それでも、自分の気付ける事だけはやろうと、

必死にくらいついていたら、桜井会長から、

「なかなか良い麻雀打ててるよ。」

とのお言葉・・・。(まぁ、ワタシのレベルでは、という意味ででしょうが)

感無量・・・と浸る事は出来ず、麻雀に集中しましたが、

その日、一番嬉しかった言葉でした。

また、打っている最中、安田選手部長に後ろから、

手順や状況判断など指導して頂き、最後にワタシがアガって、

なんとか終わらせる事が出来ました・・・。

(あまり良いアガリではなく、点数申告もミスりましたが・・・)

打っている最中、一番感じた事は、

考えている暇なんてない、ということ。

自分の体全体の神経を集中させないと、

とてもじゃないけれど、ついていく事なんて出来ない。

でも、少しでも集中できるようになってくると打っていて、

とても気持ち良くなってしまいました。

(・・・雀鬼会の方たち曰く、

 決して、一緒に打ってて気持ち良くなる相手じゃない(笑)

 との事ですが。)

麻雀打っていて、こんなに心が気持ち良くなるなんて、

今まで無かった事で、普通の麻雀打ってる分には

絶対にそんな事は無いなと思います。

こんな体験させて頂いた事に感謝です。

麻雀の後の質問コーナーでは、変な質問してしまいましたが、

ノリが大切、流れにノル事が大切だという事を、

桜井会長の言葉で頂き、自分に足らない事なんだ、と感じました。

最後には、桜井会長と写真を撮らせて頂き、

集合写真では、口ガッツリ開いてるところ(笑)を撮られ、

とても楽しい、気持ちが良い時間を過ごさせて頂きました。

---------------------------------------------------

と言った感じでした~( -o-)/

楽しい時間というのは過ぎるのが、本当に早かったです。

これからも引き続き、基本動作など雀鬼流の修行をして、

ちょくちょく通おうと思ってます。(今度は下北本部道場へ!)

これを見ている方で、雀鬼会に興味を持った方は、

ぜひ道場に行って、実際に触れてみる事をオススメします!

百聞は一見に如かず!!!

・・・まぁ、巷にはびこる、相手の裏を掻いたり、騙したりして、

それを戦術、戦略と言って正当化している麻雀打ちたい人は、

別に興味もわかないでしょうから、行っても仕方無いです。

ワタシからしてみれば悲しい事ですが、それが事実だと思います。

ワタシの職場の方たちと打つ時もそうですが、

こそこそ、ベタベタ逃げ回ったり、

引っ掛けリーチでしてやったり、という感じだったり、

正直、人間としてどうなのよ?という麻雀打つ人たちばかりです。

たかが麻雀というゲームだとは思いますが、

麻雀というゲームの中ですら、そういう卑しい心を抑える事が出来なくて、

普段の生活で抑える事が出来るんですか・・・?という感じです。

麻雀というゲームの中だからこそ、出しているんでしょうかねぇ・・・?

ワタシもまだまだ自分の事しか考えられない麻雀しか打てませんが、

少なくとも、他の人に迷惑をかけたり、

不快に思うような事はしないようにしたいですし、

悪い事、ミスをしたら、しっかり責任を取れるようにしたいです。

それが、普段の生活にも出てくるんでしょうしね。

自分も他人も気持ち良い麻雀が打てるから、

自分も他人も気持ち良い生活が出来るんでしょう。

逆もまた然り。

というわけで、長い文に付き合って頂き、

有難う御座いました。

今回はこの辺で・・・。

P.S 雀鬼会関係者の方へ

    昨日は、本当に有難う御座いました。

|

« 3/15・・・です。 | トップページ | WBC・・・です☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25964/1109566

この記事へのトラックバック一覧です: 参加してきました☆:

« 3/15・・・です。 | トップページ | WBC・・・です☆ »