« 縁。。。 | トップページ | 雀鬼会HPにて! »

BUMP OF CHICKEN!

このブログを見ている方、ど~もですm( _ _ )m

前回の記事の予告通り!

今回は、ワタシの好きな音楽についてです☆

ワタシは音楽が好きです!

歌うことも好きですし、楽器を演奏する事も好きです。

でも、好きなアーティストが、

この人!って絞られる事はそんなにありません。

好きなアーティストはいないわけじゃないですよ☆

それよりも、この歌が好き!っていうのが多いです。

また、歌も詞が良くないとあまり好きになれません。。。

そんなワタシが好きなアーティストの中の一組が、

BUMP OF CHICKEN です☆

ワタシの友人、とある営業マンに勧められて、

アルバムを借りて聞いてみたところ、

そりゃあ、心に染みる事、染みる事。。。(T_T)。。。

元気がもらえる曲があったり、

いろんな事に迷っている時に聞きたい曲があったり、

いろんな曲があるんです。

シングル曲の売り上げ上位にいったりしている

アーティストではありますが、

ファンの中で人気がある曲って、

実はアルバムの中の曲が多かったりします。

現に、ワタシが一番好きな曲もアルバムの収録曲です。

その曲の紹介。

それは、【K】という曲です。

正直、この曲は、ワタシは歌えません。。。

歌おうとすると、涙が出ちゃうんです。。。

聞くだけでも、何度聞いても泣いてしまいます。

凄く悲しく、でも凄く温かい曲なんです。

ちょっとしたストーリー仕立ての詞で、

とある絵描きの男性と、とある黒猫の物語の曲です。

若干ワタシの着色もありますが、

その詞の内容を小説風に書かせて頂きます。

--------------------------------------

とある黒猫は、とある街で生きていました。

威風堂々と歩く姿と黒猫の不吉なイメージから、

人間から嫌われていて、

石を投げられたり、イジメられたりしていました。

そのためか、友達もいませんでした。

しかし、黒猫は、

「孤独には慣れているよ。

 むしろ孤独を望んでいるんだ。

 誰かと一緒にいる事なんて煩わしいんだ。」

と平然としていました。

そんな黒猫のとある週末。

黒猫が街の大通りを歩いていると、

ある人間に抱き抱えられました。

それは、若い絵描きの男性でした。

その絵描きは黒猫に、

「こんばんは、素敵なおチビさん☆

 僕ら良く似てるね。」

と声をかけ、優しく接しました。

すると、黒猫はその絵描きの腕の中から、

もがいて出て、走って逃げてしまいました。

生まれて初めて接した「優しさ」「温もり」が、

信じられなかったんです。

しかし、それでも絵描きは黒猫についてきます。

何度逃げても、どれだけ逃げてもついてきてしまうので、

仕方なく絵描きと一緒にいる事にしました。

一緒にいる内に・・・。

黒猫は次第に絵描きに心を開き、

そのうち、絵描きと仲良くなりました。

そんな二人が出会って、2度目の冬。

絵描きは、黒猫に名前をつけました。

その名前は、「ホーリーナイト(Holy night)」。

絵描きは仲良しになった黒猫の絵ばかり描くので、

スケッチブックのほとんどは黒ずくめです。

黒猫もそんな絵描きが好きになり、

くっついて甘えていました。

しかし・・・そんな日々は長く続かず・・・。

厳しい寒さと貧しい暮らしから、

絵描きは、ついに倒れてしまいました。

絵描きは、最後の力を振り絞り、

一通の手紙を書きます。

それは、自分の故郷に残してきた

自分の帰りを待つ恋人に向けた最後の手紙でした。

死にゆく絵描きは黒猫に最後のお願いをします。

「故郷まで行って、これを恋人に届けてくれないか?」

・・・それを聞いた黒猫は思いました。

「不吉な黒猫の絵なんか売れないのに、

 あんたは、俺の絵ばかりを描いた。

 だから、あんたは冷たくなってしまったんだ。

 ・・・・・・・。

 ・・・手紙は確かに受け取った!!!」

・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・。

約束の手紙を口にくわえた黒猫は、

親友の故郷に向け、雪の降る山道を走ります。

その途中、「見ろよ!悪魔の使者だ!」

子供から罵声を浴び、石を投げられても、黒猫は走ります。

「何とでも呼ぶがいいさ。

 俺には消えない名前があるんだ。

 『ホーリーナイト』

 親友が、聖なる夜と俺を呼んでくれた。

 優しさも温もりも全て詰め込んで呼んでくれた。

 みんなに嫌われた俺にも、

 生まれてきた意味があるとするなら、

 この日に生まれてきたんだろう。

 だから・・・俺は走る!!!」

そう心の中で叫びながら・・・。

走って・・・走って・・・。

そして、黒猫は親友の故郷にたどり着きました。

恋人の家まではあと数キロ。

黒猫は、満身創痍の体をひきづり走ります。

途中転んでしまいながらも走ります。

立ち上がる間もなく、

浴びせられる罵声と暴力に負ける事なく、

黒猫は走ります。

「負けるか!俺は『ホーリーナイト』だ!」

・・・そして・・・。

黒猫は、ようやく恋人の家にたどり着きました。

「見つけた!!この家だ!!!」

・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

絵描きの手紙を読んだ恋人は、

もう動かなくなってしまった黒猫の名前に、

アルファベットを一文字加えて、

庭に埋めてあげました・・・。

死んだ恋人の親友『聖なる騎士』を・・・。

--------------------------------

はい。。。

というのが、【K】の詞の内容です。

ホーリーナイト(Holy night)に、

を一文字加えると、

別のホーリーナイト(Holy knight)になります。

聖なる夜という名前が、

親友のために走った聖なる騎士になったんですね。

こちら【K】の詞を見てみるといいです。

この曲は、BUMP OF CHICKENの2nd Album、

「THE LIVING DEAD」の6曲目に収録されています。

・・・興味を持ったなら、一度聞いてみて下さい。

その他にも良い曲が収録されていますよ。

他のAlbumにも良い曲が入ってます。

また別の機会に違う曲を紹介します☆

では・・・今回はこの辺で。。。

|

« 縁。。。 | トップページ | 雀鬼会HPにて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25964/2395594

この記事へのトラックバック一覧です: BUMP OF CHICKEN!:

» 我慢デキなくて…(*´д`*)ハァハァ [華絵]
最近の華絵は凄くエッチです♪コスプレしたり☆裸にエプロンしたりして(照笑)欲求不満なんでしょうか?悶々としちゃって…今日もまたシテしまいました(*´д`*)ハァハァ [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 08時24分

« 縁。。。 | トップページ | 雀鬼会HPにて! »