« 桜井会長と木津さんの雑談会! | トップページ | 他人のためと自分の未熟さ(前) »

食生活・・・です。

このブログを見ている方、ど~もです・・・m( _ _ )m

かなり衝撃を受けるような事を、

たまたま見ていたTVでやってました。

それは、

現在の子供たちの食生活について。

どっかのヘンテコな大人の食事か?

っていう感じの物ばかりが食卓に並んでて、

正直、自分が子供の頃じゃ考えられないような、

ヒドイ食事内容でした。。。

朝食が、コンビニのおにぎりとコーラだけだったり、

夕食がカップ焼きそば冷凍食品の揚げ物だったり、

食事そのものが、お菓子やチョコレート、だったり、と。

好きなものだけしか食べない。

食べたいものだけしか食べない。

そんなわがままな、自分勝手な食事。

嫌いな物が出てくると嫌い物を残す。

体が拒否してしまうのか、

心が拒否してしまうのか。。。

辛い事,嫌な事から逃げ出して、

楽な方へ行こうとしてしまう。

そんな病みそうな子供たちが

多くなっている事を実感しました。

なんか、すっごい可哀想でした・・・。。。

特に、子供たちが嫌いなものは野菜でした。

魚もダメみたいでしたが。

まったく食べられない子もいましたね。

多く食べられていたのは、お菓子や肉類。

他に、冷凍食品やインスタント食品などで、

野菜や果物が食事にあまり入っていない。

即席麺が大好物っていう子供も多いみたいですね。

それと・・・。

そのTVで、ある子供にその子供の親が、

吉野家の豚丼(具だけ売ってるヤツ)を、

その子供にだけ特別に作って、

それを子供に食事として出していました・・・。

そこまですんのかよ、と思っていたら、

その子供は、豚丼に入っている、

タマネギをしっかり取り除いてから、

食べていました・・・(- -;)・・・。

・・・・・・ショックでした。

そこまで食への意識が欠落してるのか、と。

嫌いな食べ物を食べない、食べられない、

っていうのはわかります。

ワタシも食生活を改善する意識を持つ前は、

嫌いな物は食べず、好きな物しか食べませんでした。

思い出してみると昔からそうでした。

お菓子はよく食べたし、カップ麺も食べました。

肉類はガンガン食ってましたし、

味の濃いもの、強いものを好んで食べてました。

でも、そんな食生活をしていた頃の精神状態は、

もう、おかしい、の一言・・・。

実家で住んでいた頃は、まだ母親が、

しっかりした食事を作ってくれていたので、

それほど目立った事はありませんでしたが、

一人暮らしを始めると、

常に不安と心配が心にいて、余裕は持てず、

しかも、そのおかしい状態に慣れて、

おかしい事に気付けないんです。

人間として、おかしなことをしているのに、

間違っていると思えない、

間違っているという自覚が無いものほど、

怖いものは無いと思います。

で・・・。そんな食生活のおかげか、

子供の間にも生活習慣病

多くなってきているらしいです・・・。

ホルモンバランスが崩れたり、

精神的におかしくなるのも頷けます。

マジで、びっくりしました。

これが、今の子供たちの普通の食生活なのかと。。。

何より、一番危機感を感じたのは、

子供のそんな食生活に、

まったく危機感を持っていない親がいること。

「いずれ食べられるようになるだろう」

と問題を先延ばしにしてしまっている。

これはヤバイっす。。。

子供任せになってしまっている。

親の責任逃れ、なんでしょうか・・・?

確かに、共働きで夜遅くなって疲れて帰ってきて、

それからご飯を作って子供に食べさせるのは、

キツイ事ですし、辛い事でしょう。

だからと言って、

子供に好きなものばかり食べさせるのは、

おかしいと思います。

もしくは、好きなものばかり食べさせて、

子供のご機嫌取っているだけなんじゃないでしょうか?

それで、本当に子供と向き合えるのか・・・?

親の気持ちはまだわかりませんので、

言い切る事は出来ませんが・・・。

いろいろと難しいですけど、

子供にきちんとした食事をさせる事は、

親として、やるべき事なんじゃないでしょうか?

好きなものばかり食べさせて、

食のストレスはたまらないでしょうけど、

逆に、ストレスに弱くなると思います。

多少のストレスは必要だと自分は思います。

体を傷つけることも必要だと思います。

それが、刺激になると思うし、

緩んでいるものを締めてくれるはずです。

免疫と一緒だと思います。

予防接種みたいなもんっすね。

嫌なものを自分の中に少し入れておくことで、

その嫌なものに対する免疫をつけておく。

木津さんが講話会で、

「食べ物で嫌いなものとか、

 アレルギーとかで食べられないものがある人は、

 ほんの少しでも、形や色を変えてでもいいから、

 その嫌いなものを体に入れるようにするだけで、

 その食べ物が食べられるようになったり、

 アレルギーが出なくなったりしますよ。

 これ、マジっすよ☆」

って言ってました。

体と同じで、心も同じだと思います。

悪いもの、ダメなものでも、

それを受け付けない、全て拒否する、

ということは、心を締める事が出来ないと思う。

自分の好きな事しかしない、

やりたい事しかやらない、

ということは、偏っているし、バランスが悪いっす。

あったかく緩めるだけじゃなく、

時には、厳しく締める事も必要っすね~。

・・・すっごい、話が変わりますが。

ワタシの子供の頃の話をすると、

インスタントラーメンなんて、

母親が、週に1度作るか作らないかでした。

でも、それが楽しみで、楽しみで仕方なかった。

大好物というわけではありませんでしたが、

好物のひとつではあったんです。

母親は、インスタントラーメンを作るにしても、

必ず、野菜をたくさんいれるんですね。

それが、美味しいんですよ☆

それを食べたくて、友達を遊んでいても、

家に帰った事があります。

食べられなくて、泣いた事もありました。。。

他にも、外食しにいくのも、

何か御祝い事かなんかがある時しか行きません。

なので、ワタシなんかは、外食行くというだけで、

もう遊園地に行く時のような、はしゃぎ振り☆

そして、その時に自分で好きな物を選んで食べる。

それがおいしくて、嬉しいんです。

やっぱり好きな物は、毎日摂るんじゃなく、

たまに摂るから、さらに美味しく感じるし、

心も嬉しくなって、心も軽くなるんじゃないかと思います。

ワタシはですね、食事が好きなんです☆

美味いものを食べている時って、

本当に幸せを感じる時でもあります。

それは昔から変わりません。

でも、食生活を改善する意識をもってからは、

自分の好きな「食事」をするなら、

適当な手抜き食事はしないようにしよう

としています。

まだまだ出来ていない事が多いですが、

「全身からだ革命」で、

木津さんが書かれてる事を参考にしながら、

少しずつ食事を良くしていこうと思ってます。

そして、子供たちには、

少しでもバランスの良い食事を

していってほしいと思うし、してあげたい。

そのためにも、自分が出来るようにならないと・・・。

と感じました・・・。

それと・・・。

TVで野菜を食べられない子供たちが、

何日か施設か何かに泊まり、

食事を改善することを目的とした取組みをうけて、

野菜を食べられるようになった時の、

「これからは野菜を食べようかなぁ~。」

という心境の変化が嬉しかったです・・・(^∇^)

食べる物を子供に作らせてみたり、

一緒に食べられるようになろうという

仲間と一緒にいる事で、

結構心境が変わるみたいですね。

皆さんも偏った食事はしないようにした方が、

体にも、心にも良いと思いますよ。

大人も子供も人間ですから、

食べなきゃ生きていけないし、

ど~せ食べるなら、良いもん食いましょう☆

そして、「いただきます」「ごちそうさま」を忘れずに☆

それでは、今回はこの辺で・・・。

|

« 桜井会長と木津さんの雑談会! | トップページ | 他人のためと自分の未熟さ(前) »

コメント

お〜、久しぶりだぁ!コメント、あざっす☆文章の量が多いのは、ごめん。。。気が付くといっぱい書いちゃってます。。。
にしても、お客さんの子供とかで実際の現場を見てるのか。お菓子はあくまでおやつやデザートで、食事とする事が出来ない自分らからすると、ありえないと思うけど、気が付いたらお菓子食ってた、って事にならないように気をつけような〜。

投稿: よしだい | 2006年6月19日 (月) 15時47分

ひさぶりの登場!!!
なんか時たま来るが、文章量が前より増えとらんか?


確かに今の子供の食生活ってスゴイよなぁ・・
お客さんの子供とかもすげぇよ(--;)
お菓子だけで済ましちゃう子は周りでも何気にいる。

ってなことを書いてたら、部屋の水槽の中ではベタがみんなのエサになっとる・・・
これも大切な食事(・・?)

投稿: とある営業マン | 2006年6月17日 (土) 23時06分

東行さま!こちらこそ、コメント有難うございます!
本当、食生活が乱れていると思います・・・。自分もかなり乱れていましたが、少しはまともになり、精神的にも少し揺れにくくなりました。。。
大人だけならまだしも、これからの時代を生きていく子供たちにまで、
大人の都合や言い訳を押し付けてはいけないっす。
今、多発している子供による犯罪とか事件は、そんな子供たちの知らず知らずの内の、大人への反抗なのかもしれないっす。。。
自分も気をつけます・・・(- -;)

投稿: よしだい | 2006年6月17日 (土) 09時44分

よしだい様、コメントありがとう
ございました(^o^)/
食事の大切さに、今の親たちは(全員じゃないです)全く関心ないですよね(>_<)
うつとかも結構食生活が関係してるといいます。
子供を早死にさせたいのでしょうか。
親と言う自覚を持って欲しいと願うばかりです。。。

投稿: 東行 | 2006年6月16日 (金) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25964/2210601

この記事へのトラックバック一覧です: 食生活・・・です。:

« 桜井会長と木津さんの雑談会! | トップページ | 他人のためと自分の未熟さ(前) »