« チームチバラギ麻雀会2008春の陣、その4 | トップページ | 戦争は家庭で起きている »

何かできるんじゃね?

ども。ヨシダイですm( _ _ )m

昨日、4月5日なんですけども。

組合の若年層の委員会主催の

救命講習会に参加してきました。

皆さんも一度は受けた事があると思いますが、

人形を使っての人工呼吸だったり、

現在設置が進んでいるAEDの使い方を学んだり、

応急手当のやり方だったり、

倒れている人を見つけた時の対応の仕方だったり、

などなどの講習を受けてきました。

主催側だったので、参加しないとな~・・・って事で、

正直、あまり乗り気じゃなかったんですけど、

「まぁ、必要になる時が来るかもしれないし。」

という事で、参加してきました。

過去に何度か人工呼吸などの講習は

受けた事もあったという事もあって、

そんな気持ちになったのかもしれません。

会場は、最寄の消防署内。

「そういえば、消防署に入る事って、

 なかなか無いじゃん!」

って消防署に入ってから気付くヨシダイ(==;)

Nec_0447

消防車の並んでるところを見て、

結構、テンションあがってるし(==;)

って事で、消防署の人達の講習が始まる。

初めに、AEDの使い方から。

AEDって、自動体外式除細動器のこと。

心臓が止まってしまった人に対して、

胸とわき腹に電気を流すパットを貼って、

自動で電気ショックが必要か機械が判断して、

必要だった場合、電気ショックを流して、

心臓の動きを取り戻すのが目的です。

それが終わったら、心肺蘇生法のやり方。

人工呼吸して、心臓マッサージして、ってやつです。

そして、その後は、2人1組になって、

一人は、119番→AEDを持ってくる。

もう一人は、その間に心肺蘇生法をする

というシュミレーションをして終了でした。

初めは乗り気じゃなかったですけど、

やり始めたら、結構知らない、出来ていない自分がいて、

「こりゃ、実際になったら出来ないんじゃ?」

って思ってやってたら、いつの間にか真剣でした。

ちなみに、シュミレーションの流れですけど、

倒れている人を発見したとして・・・。

①身体を叩きながら、耳元で呼びかける。

②反応が無かったら、119番通報。

  近くにAEDが無いか、探してみる。

 (誰か他にいれば119番とAED探しを頼む)

③119番通報したら、呼吸を確認。(見て、聞いて、感じる)

④呼吸が無かったら、気道を確保し、

  人工呼吸を2回行なう。

⑤その後、乳首を結ぶ中心と身体の正中線の交差点に、

  胸骨圧迫(心臓マッサージ)を30回程度行なう。

⑥その間に、AEDがあれば、AEDを使う。

という感じです。

で、この心肺蘇生法とか、AEDを使うとか、

いわゆる応急手当をする事で、

心肺停止している方が蘇生する可能性が、

やらなかった場合とやった場合で、

倍以上の差が出るそうです。(統計上ですが・・・)

ちなみに、全国平均で、119番をしてから、

救急車が現場に到着するまでに約6分だそうです。

その6分の間に、応急手当をする事が出来れば、

その方は蘇生するかもしれないし、

蘇生しなくとも、少なからず助かる可能性は高くなる。

もし、自分がそんな場面に遭遇したら・・・?

倒れている人を見かけたら・・・。

その人が心肺停止状態だったら・・・。

何も知らなかったら、何もせずオロオロするだけ。。。

でも、少し何か知識や擬似でも体験があれば、

そんな時でも、自分に何か出来る事はあるんじゃね?

というわけでした。押忍。

Nec_0448

お世話になりましたm( _ _ )m

|

« チームチバラギ麻雀会2008春の陣、その4 | トップページ | 戦争は家庭で起きている »

コメント

小沢さま。
おお~~~。さすがは、チームチバラギ裏番長(笑)
自分は25年生きてますが、ま~だ何も無いですね。
・・・多分・・・(==;)
いざって時に、何でも出来るってわけじゃなくても、何か動けるようにしていたいです。

ナマズさま。
そうですね。
余裕、というか、なんというか。。。
何かハプニングが起こっても、
とりあえず、冷静でなくともどこか冷静な部分が、
一つでもあれば、結構動けると思いますね。

投稿: ヨシダイ | 2008年4月 8日 (火) 23時56分

緊急時に動けるこころを作りたいものですね。

ちなみに僕も三十四です。

投稿: ナマズ | 2008年4月 8日 (火) 05時10分

自分は今まで3回人命救助に関わったことがあります。
1度目は15の夏、友人が海で溺れて流された時。100m以上流され1度沈んだけど、更に流され遠浅になってたんでなんとか飛び込んで助けられた。
2度目は10年位前の路上で顔が大袈裟ではなく倍位腫れて血だらけで倒れていた青年。警察と救急車を呼んだが、助かったのかな?
3度目は2年位前、店の前の駐車場で泥酔で吐きながら倒れていたホームレス風のおっちゃん。すぐ警察と救急車がきた。
34年も生きてると色々あるもんです。

投稿: 小沢 | 2008年4月 8日 (火) 04時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25964/12372178

この記事へのトラックバック一覧です: 何かできるんじゃね?:

« チームチバラギ麻雀会2008春の陣、その4 | トップページ | 戦争は家庭で起きている »