« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の記事

今年も大晦日

ども。ヨシダイです。

もう大晦日ですね。

いやはや、早いもんです。。。

ただ今、実家。

今日は今年最後の忘年会。
毎度集まっている地元の奴らでの集まり。

無事に新年を迎えられそうです。

年々ブログの更新数が減ってしまいました。
今年は本当に少なくて、見て頂いている方には、
本当に申し訳なかったです。

何事も100%でやる。
それで馬鹿にされても、どう思われても、
後悔しない生き方、行動をしていく。

自分はそれを望みますが、
まだそれを一貫してやる事が出来ません。

また、最近は今まで間に合わなかった行動が、
より間に合わないようになって、
迷惑かける事が多くなってきてます。

少しでも改善していかないといけない。


何はともあれ。。。
今年一年、お世話になった方々、
本当に有難う御座いました。
来年もまた宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨシダイは「もしドラ」を読んでみた

さてさて、続きます。

先日、「もしドラ」を読んでみました。

「もしドラ」です。

ベストセラーになった本です。

「もし高校野球の女子マネージャーが

 ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

という岩崎夏海さんが書かれた小説です。

正直言って、いまさらです。

1年前に発売された本ですしね。

自分は、めったに、ベストセラー本なんて手を出さないんですが、

ほんと、ふと気になって、買って読んでみました。

んで。

読み始めたら、なんか面白くって、

一気に読んでしまいました。

正直、自分としては、ストーリーが面白かった、

・・・となるのかな~。

案外、読み終わったら、物語の展開としては、

ありきたり?というか、結構よくあるパターンな印象でした。

じゃあ、何がそんなに面白かったのか?というと、

とある事情で、野球部の女子マネージャーになった女の子が、

マネージャーはマネジメントをするんだ!

という勘違いで、ピーター・F・ドラッカーという方が書いた、

経営書「マネジメント」を読んで、

その内容を元に野球部をマネジメントしていく、

っていう展開で、着眼点が面白いというのもあったんですが、

そもそもの、ポール・F・ドラッカーの「マネジメント」に、

書いてある内容が面白いと思ってのもありました。

その中で、凄く印象に残っているものがあって、

それが、

マネジャーに必要な資質は「真摯さ」である。

他の色んな能力は学べるし、

制度などの対策も講じる事はできる。

でも、最初から身についていなければならない資質が1つだけある。

それは才能ではない。真摯さである。

という事でした。

これは、物語の始めの方に出てくるのですが、

物語を読み終わっても、「真摯さ」というものがわかりませんでした。

じゃあ、「真摯さ」ってなんだろう。

それが気になって仕方ない。

辞書を引くと、「真摯さ」というのは、

真面目で、熱心である。

という事だった。

・・・。

でも、ちょっと違う気がするんです。

真面目で熱心なマネージャー。

いうなれば、管理者、監督という事になると思うんですが、

そんな人はいっぱいいると思うんですよね。

じゃあ、その人は真摯さがあふれているか、

というと、そうではないのではないか?と。。。

「真摯さ」って、なんなんだ?

ネットで調べてたら、似たような感想を持っていた人が、

ご自分のブログに書いていたのですが、

「一貫した素直さ」「一貫した誠実さ」ではないか、

と書かれていました。

なるほど、たしかにな。

と思いましたが、腑に落ちたような、落ちないような。。。

なんだか、妙に気になってしまって、

実際に、自分も、ピーター・F・ドラッカーの書いた、

「マネジメント」のエッセンシャル版、

実際に、物語の主人公の女子マネージャーが、

読んでいたという、まさにその本です。

買ってきました。

これから読んでみようと思います。

会社という組織で、仕事をするにあたって、

この本はなんだか凄く重要なんじゃないかという気がしてます。

どうも気になってしまっているんですよね。。。

本を読んで、こんなに気になってしまうのは、

以前、桜井会長や木津さんの本に出会った時以来です。

しかも、まさか自分が苦手とか、疑問に感じていた、

「経営」というものが書かれている本が気になるとわ・・・。

自分でも驚きなんですが、せっかくなので、

楽しんで、読んでみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年のプロレス大賞!

続けての更新。

もう先週になってしまいましたが、

今年の東京スポーツのプロレス大賞が発表されました!

今年のMVPは、自分のファン団体、プロレスリングノア所属、

GHC王者として、1年防衛し続けた、スギ様こと杉浦貴選手!

いや〜、これには納得です。

そして、うれしい。

今年の2月に水戸大会があった時に、

見に行ったんですけども、

その時から、杉浦選手は鬼気迫る試合内容で、

見ていた自分にも、とても緊張感が伝わってきました。

地方の大会でも、こんな試合をしてくれるのか、

と有難く思いました。

まぁ、ヘビーのタッグリーグ戦で、

決勝進出がどうなるか、というところだったので、

余計緊張感が出たんだと思いますが。

杉浦選手は、結果として、1年間防衛し続けました。

新日本の後藤選手、真壁選手と外敵から始まって、

秋山選手、高山選手、潮崎選手と激闘を繰り広げ、

メキシコでも防衛をし、12月、今年の最後の武道館大会で、

体調が完全ではなかったにしろ、森嶋選手との激闘を制し、

7度の防衛に成功。

2年前まで、ノアジュニアの1主力選手だったプロレスラーが、

ヘビーの、プロレス界を代表する選手になったんじゃないかと。

でも、これからが本当の戦いな感じがします。

プロレスの観客数を見ると、ノアは本当に集客が減りました。

自分もなかなか行けてないので、

申し訳ないと思うんですが、もう少し増やしたいな〜と。

頑張ってほしいと思います。

自分も来年はもう少し観戦に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にか師走。

ども。ヨシダイです。

いつの間にか師走です。

師走も、半ばとなりまして、

今年もあと2週間とちょっと。

早かった~。

そんな今年。

とりあえず、ちょっと、立て続けに更新したいと思います。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »