玄米一族への道。。。

このブログを見ている方、ど~もですm( _ _ )m

ちょっと間が空いてしまいました・・・。

失礼致しました。

最近、ここ2~3ヶ月忙しかった仕事が、

若干落ちついたせいか、

気が抜けてしまってます・・・(- -;)

はい・・・言い訳です。ごめんなさいm( _ _ )m

もうちょっとしっかりします。

というわけで(ど~ゆ~わけだ・・・)、

仕事が落ち着いたのと同時に、

毎日の朝食を、玄米にしてみました。

プチ玄米一族ってやつです☆

はい、木津さんとタグさんの影響ですm( _ _ )m

正直、今まで玄米食べた事が無かったんですが、

食べてみたら、美味かったです☆

そんなに飽きる事も無さそうです。

まぁ、まだ全部玄米というわけじゃないからだと思いますが、

無理せず、楽しく、玄米を食べていきます。

そして、ゆくゆくは玄米一族へ・・・(- -+)

で、玄米を食べ始めて、わかったんですが、

結構、周りの人でも玄米やっている方がいました。

職場の人達なんですけどね。

でも、味に飽きてやめたとか、

よく噛まないといけないからやめた、

って人が多いです・・・。

ん~・・・なんだかな~・・・。

楽しんでないからじゃないのかなあ~?と思いますが、

自分も二の舞にならないように頑張ります・・・(- -;)

玄米一族へはまだまだ遠い・・・。。。

頑張りま~す☆

押忍。

というわけで、今回はこの辺で。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

牛乳の恐怖・・・。

このブログを見ている方、ど~もですm( _ _ )m

以前の尊文さんと出会った木津さんの講話会で、

たまたま席が隣になったアッコさんという方に、

2002年11月の渋谷講話会の時のテープと、

講話内容の紙を頂いたんです。

アッコさん、有難うございますm( _ _ )m

今回は、その講話内容に書いてあった事です。

というわけで、牛乳の話です。

「牛乳を飲んで健康になろう!!!」

な~んて、よく聞きますね。。。

自分も健康食品の一つだと思ってました。

・・・とはいえ、自分はあまり飲みませんでした。

嫌いじゃないんですけど・・・。

すぐにお腹を壊してしまうんです・・・(- -;)

でも、本来、日本人の身体には合わないものなんだそうです。

自分は、すぐにお腹を壊すので、よくわかりますが。。。

なぜ、日本人の身体に合わないか。

牛乳特有の糖分「乳糖」を日本人は分解出来ない、

「乳糖不耐症」なんだそうです。

乳糖を分解する消化酵素の「ラクターゼ」というのは、

新生児期に働きがピークになって、

離乳期には、ほとんど無くなるそうです。

それからは増える事はないんでそうです。

で、よく考えてみるとわかるんですが、

いろんな動物は、赤ん坊とか子供の時って、

母親の母乳で育ちますよね。

で、子供の方から乳離れしていきます。

人間も同じですよね。

だから、わざわざ大人になってから、

牛乳を摂らなくてもいいんですよ。

で、よく言われる、

牛乳はカルシウムが豊富

っていう事ですが。

豊富は豊富なんですが、

カルシウムは、イオン化されないと、

人体に吸収されないもので、

人間の小腸上皮の酸性層というところで溶かされ、

イオン化されて、人体に吸収されるんだそうです。

で、それは、どの食材で摂ったカルシウムでも、

大差は無いんだそうです。

なので、わざわざ消化しにくい牛乳から摂らなくても、

海草や野菜、魚介類などからとれば問題無いんです。

ちなみに、カルシウムと言えば、骨を連想するかと思いますが、

近年増えている、骨粗しょう症。

日本人と牛乳を飲む習慣がある欧米人で、

割合として、どちらが骨粗しょう症の患者が多いかというと、

日本人の5倍以上もの骨粗しょう症患者が、

欧米人の方にはおられるそうです。

それには、欧米人の食習慣にも理由があって、

欧米の方は、パンやバター、卵、ベーコンなどで、

「脂肪酸」が多く含まれる食事なんですね。

その「脂肪酸」ってのは、カルシウムを溶けにくくするので、

イオン化されないので、吸収されないんです。

一方、日本人の食習慣は、「脂肪酸」が少ない食事なので、

そこまで、カルシウムが溶けにくくならないんですね。

そういう理由もあって、日本人の方が、

骨粗しょう症患者が少ないんですね。

そう考えると、カルシウムは、

牛乳で摂らなくてもいいでしょう。

また、牛乳には大量の「リン」という成分も入っていて、

大量に「リン」を摂取すると、血中の「リンイオン濃度」が高くなり、

「カルシウムイオン濃度」が低くなってしまう。

で、人間の身体は、「カルシウムイオン濃度」を高くしようと、

体内(=骨)のカルシウムを使って、高めようとする。

・・・そうすると・・・(- -;)

「脱灰」という現象が起こり、

骨のカルシウムが尿の中に排泄されてしまい、

骨がスカスカになってしまう・・・。

そう、これが骨粗しょう症っす。

牛乳でカルシウムを摂り、骨粗しょう症を予防するはずが、

逆に牛乳に含まれる大量の「リン」のおかげで、

カルシウムを排泄してしまい、

骨粗しょう症になってしまうんです・・・(- -;)

・・・こえぇ~・・・(iДi)・・・。

とはいえ、リンの摂取は必要で、

カルシウムと共に骨を作る成分です。

ただ、何でも「過ぎ」てはいけないもの。

大量に「リン」が含まれる牛乳は危ないです。。。

他にも・・・。

「大腸がん」、「各種アレルギー」、「骨折」、

「貧血」、「糖尿病」など、

牛乳にはいろいろと害があるらしいですよ。

ん~・・・。

自分は、この講話内容を読んで、

ますます牛乳は摂らなくなりました。。。

お腹も壊すので。。。(- -;)。。。

たまに、飲む事はありますけどね。

とはいえ、です。

これを読んでいる方にも、

当然、牛乳が大好きで毎日飲む方もいらっしゃるし、

これを読んでも否定される方はいるでしょう。

でも、記事に書いたような事もあるんだ、ってことを、

頭に入れておいてほしいと思います。

みんなが言っているから。それが常識だから。

飲んで当たり前、食べて当たり前。

そういう考え方が、

今の日本人の生活習慣病とか、

いろんな癌とか、アレルギーとか、

精神疾患とか、ウツとか、

増やしているんじゃないかと思います。

木津さんもそう言われてますが、

食事に何かと気をつけるようになった自分もそう思います。

常識とか情報とか習慣とかに、

ぶら下がってはいけないっす。

かといって、木津さんにぶら下がってもいけない。

木津さんが講話会で話してる事だからやる。

木津さんがやっている事だからやる。

そういう事じゃなくて。

いろんなキッカケとして受け止めて、

自分が良いと思ったら、それを試してみる。

与えられた「知識」を自分で動いて試して、

自分の中で「知恵」にする「努力」が必要なんだと思います。

うん。そう思います。

食べ物の事だけじゃなくて、仕事も遊びも全て同じ。

・・・とはいえ、自分はまだまだ言葉ばっかりなので。

しっかり動いて、ぶら下がらないように、頑張ります。

・・・最後、ちょっと牛乳の話からそれました・・・。

失礼しましたm( _ _ )m

とにかく・・・。

牛乳には注意で~す( ̄ロ ̄ )!!!

というわけで、今回はこの辺で。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

健康=ダイエット?

このブログを見ている方、ど~もです~m( _ _ )m

いや~、夏真っ盛りすね~☆

また海に行きたくなってきてます~( -o-)/

って、今日、思いっきり曇ってますけど・・・(T∇T)

さて。。。

最近のワタシの話なんですが、

周りの人らによく、

「痩せたなぁ~。」

って言われるんですよ。

8月の渋谷のヒムカ講話会の時にも、木津さんに、

「だいぶ痩せたよなぁ~。」

と言われ、間に合って無かったその日、

最大の誉め言葉を頂きました・・・(^_^ )

まぁ、痩せたと言われるのも当然なんですね。

自分史上最高体重の95キロをマークし、

幻の3ケタ、0.1t(㌧)まであと5キロ・・・(- -;)

「おおぉっっ!?つ、ついにここまで・・・Σ( ̄ロ ̄lll)」

とビビリつつも、まだ痩せようと思わなかった、

2005年の10月末。。。

「さすがに、このままではいかんぞ。。。(- -;)。。。」

と、ようやく思い立った今年、2006年1月初旬。

とはいえ、始めから、

ダイエットだぁ~!絶対痩せるぞぉ~!

というつもりはなくて、

まず健康にならねぇ~と、

痩せても意味ねぇよなぁ・・・。

と感じたわけです。

会社でやっている健康診断で、

体重のせいか、何回も引っ掛かっていて、

しかも、それを自分でも、

「まぁ、仕方ね~んじゃん(^o^;)?」

って、悪い部分を放置プレイしていたんだから、

ひでぇ~もんです、まったく。

で、ワタシが診断で引っ掛かったのは、

体重、中性脂肪、コレステロール、尿酸。

そして、肝機能低下。。。(T-T)。。。

・・・もう20代じゃございません、はい。。。_| ̄|○。。。

まず健康になるのが大切だと感じたのも、

こういう理由があるわけなんですね。

それに、ダイエットしようと思って痩せる事が出来たとしても、

不健康のまま痩せても、リバウンドすると思うんです。

身体が異常なままで、

体重だけ落としても意味ね~んじゃね~かと。

現に、ワタシ自身、過去に不健康のまま、

食事を摂らなかったり、食事の量を少なくしただけで、

ダイエットした時、リバウンドしましたからね。。。

で、そんなワタシがですね、

体重を落とす前に健康になろうと思って、

何をやり始めたか。というと、

前の記事にもちょこっと書きましたが、

「食べ物は、唯一身体の中に入るもの。

 だから、身体を創ることと直結しているんだよ。」

という木津さんの言葉で意識が変わり、

食生活の見直しを始めました。

変えた事は以下の通りです。

******************************************

①毎日摂る水分の基本は、ミネラルウォーター。

⇒缶コーヒー,清涼飲料水,ジュース類は禁止。

 飲んでもいいのは、糖分が入ってないのお茶類。

 一番、好きなミネラルウォーターは、Volvic☆

②朝,昼,夜の3食をしっかり食べる。

⇒特に、大事なのは朝食。1日のエネルギーを蓄えます。

 痩せたいがために食べないのは太るもと。

 人間だって動物なんだから、食べましょう。

③食べる時は、よく噛んで食べる。

⇒持論ですけど、よく噛んで自分の唾液と食べ物を混ぜると、

 栄養とかが自分に吸収しやすくなるんじゃないかと感じます。

 時間が無い時は仕方ないですけど、よく噛みましょう。

 消化にも良いですしね☆

④野菜や豆類を食べる。肉類は極力食べない。

⇒自分も、木津さんの食事療法の理論でもある

 陰陽論を参考にさせてもらっていますが、

 バランス良く陽性,陰性の食べ物で、

 野菜や豆類を中心に食事を摂ってます。

⑤白砂糖に注意!お菓子は厳禁!

陰陽論で言うところの陰性の食べ物で、

 血を汚し、身体の免疫力を下げます。

 スナック菓子,インスタント食品等が多いこの世の中、

 白砂糖がかなり使われていると思いますので、 

 知らず知らずのうちに、白砂糖を摂りすぎてしまいます。

⑥『いただきます』と『ごちそうさま』は忘れずに!

⇒食事への感謝の気持ちを忘れないように、

 必ず言う事!恥ずかしいなら、心の中で言うとか、

 小さい声でもいいですから言いましょう。

******************************************

と、こんな感じの食生活に切り替えました。

とはいえ、すぐにこうなれたかと言うと、そうではなく。。。

①にやるにも、1ヶ月くらいかかりましたし、

全てを意識出来るようになってきたのも最近です。

少しずつ出来る事、意識する事を増やしていきました。

で、その食生活で身体も少しは変わってきていて、

前は胃腸の調子が悪かったんですが、

それも前ほどじゃなくなったし、

身体がいつもだる~い感じだったんですが、

それも無くなりました。

それと、こういう食生活の改善なんて出来ない、

って思うかもしれませんが、

陰陽論での食材のバランスを考えながら、

何食おうかな~?なんて考えていると、

なんか結構楽しいんですね。

ワタシは、元々食事は作るのも食べるのも好きなので、

そういうところでも楽しみを見つけられたんです。

何でも楽しんでやらないと続かないっすからね。

まぁ、そんなこんなで、食生活を改善し始めて、

半年以上が過ぎたわけですが、

体重がですね、落ちちゃったんですよ。

それも、ごっそり・・・20キロも。

現在の体重は、72キロ

健康を意識して食生活変えたら、

いつの間にか落ちちゃったわけです。

で、会社の健康診断もですね、

まだ、全てが改善されたわけじゃないですが、

8~9割は改善されました。

なんか、結果的に体重が落ちてしまいましたが、

まだまだ健康になったわけじゃないので、

食生活の改善と維持を続けていきます。

・・・ちなみに酒は少しずつ量を減らしてます・・・(- -;)

飲み過ぎての記憶喪失事件から、

飲み過ぎないことを胆に銘じております。。。

というわけで、似合わない健康話をしちゃいましたが、

身体のことも少しは意識してみるといいですよ~。

ケガや病気をしたら、病院や薬などで治す。

それは当然なんですけど、

ケガや病気をしないのが一番ですからね。

人それぞれあると思いますが、

自分は、食生活を変えるのは、

とても大きな効果があると思ってます。

もちろん、運動も必要ですけどね~。

というわけで、長くなりましたが、

今回はこの辺で~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)