「あるある」問題で思うこと

このブログを見ている方、ど~もですm( _ _ )m

え~・・・日付けが変わって、2月です。

もう今年は、1ヶ月過ぎたわけですね~・・・。はやいなぁ。。。

と、2007年2月の一発目の記事はですね、

ここ最近、マスコミがこぞって取り上げてる、

「あるある」問題について、自分の思うところを書いてみます。

まず、自分がこの問題を知ったのは、

前回の記事で書いたスキーに行った次の日の朝。

ホテルのロビーにあった新聞を見て知りました。

【納豆で痩せる】という放送内容が捏造だった、

という事で、番組自体も放送が打ち切りになりました。

で、今となっては、次から次へ、芋づる式に、

過去の放送内容も捏造だったっていうのが出てきてます。

レモンで痩せる、味噌汁で痩せる、

ワサビで若返る、レタスで快眠・・・など・・・。

番組が求める実験結果が出ないから、と、

それを無理矢理作り出していた。

言ってもいない事を言ったように見せかけていた。

そして、それを頑張って頑張って、隠していた。

というわけですね~。。。

自分は、この事件を知った時、正直なところ、

「あぁ、やっぱりそういう事はあるんだ。」

というのが率直な気持ちでした。

残念でした。

自分は、健康については、興味を持ってますので、

それとなく番組は見させて頂いてました。

問題になった、納豆で痩せるという放送の回も、

ちらっとですが、見させて頂きました。

あれは、ミラクル男の部屋でした・・・(だよね?)

今更ですが、自分はその内容を見ても、

「納豆食ってるだけで痩せるわけね~べ。。。」

と呆れてましたし、ミラクル男との話に夢中(?)でした。

まぁ、ノンフィクションの番組だと思っていたのに、

その中にフィクションがあったのであれば、問題ですよね。

でもな~・・・。

この問題で怒っている視聴者に対して、

自分としては、ちょっと待てよ?という気になるんですよ。

確かに、テレビでノンフィクションの内容だと信じていた番組に、

フィクションがあったんであれば、

そりゃ問題ですし、裏切られた感があります。

でも、一方的に番組の責任にしかしないのは、

おかしくないか?と思うわけです。

番組を信じすぎた視聴者にも問題はあるよって言いたいです。

8:2で視聴者にも問題あると、自分は思います。

まぁ、制作者側が悪いのは当然なんですけどね。

何でもかんでも鵜呑みにするな、って事っすね~。

・・・あ、それと話はかなり飛ぶんですが、

1月に頼んだ昨年12月の渋谷講話会のテープが届きました!

・・・まだ聞いてませんが・・・(- -;)

実は、日々忙しいヒムカの服部さんが、

自分の分のテープを出すのが遅れてしまったとの事で、

Nec_0060 

というメモが入ってました(^^)

服部さ~ん!全然気にしてませ~ん!!!

無事届きました~!有難うございま~す!

後日、時間見つけて聞かせて頂きます!

というわけで、明日(もう今日か・・・(^^;))、

自分は群馬県伊勢崎市に出張で~す。

というわけで、今回はこの辺で。

P.S

雀鬼会の皆様

この1期、お疲れ様でした!

金村さん、選抜初優勝、おめでとうございます!

最近、牌の音には全然行けてませんが・・・(- -;)

時間見つけて、また行かせて頂きます!押忍。

| | コメント (9) | トラックバック (1)